<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

コンタクトレンズの使用者にとって裸眼の快適さはとても魅力的なものでまさに夢にまでみたこともあるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。

 

長いスパンで考えることによって、レーシックよりもコンタクトの方が高い場合もあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。
コンタクトレンズを使用している人の中でレーシックを受けようか迷っている人は大勢いらっしゃると思います。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。



<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活ブログ:2020年10月22日

減量の基本は、
9時11時晩の3食をきちんととるということ。

しかし、これってなかなか実現するのは難しいですよね?

特に20時遅くまで仕事をしている人の場合、
20時食だよりになることもあります。

でも、減量マニュアルなんかでは
「20時食は減量の大敵」だと指摘されてます。

20時遅くまで起きていて、
どうにも空腹感を抑えることができない…
そんな場合には、いくつかの方法を試してみませんか?

まず、他のことをやってみましょう。
読書をするなり、音楽を聴いてみるなり、テレビを見る何でもOK!
自分の趣味のことをしてみます。

自分にとって好きなことをやっていると、気分がまぎれますよね?
趣味に集中してしまいますからね。

それでも
ウエストがすいて、どうしようもなくなった場合には、
自分でつけている日記をチェックしてみましょう。

もしかすると「食べちゃいけない」と
思い直すこともできるかもしれません。
減量には、やせようという気持ちも重要です。

いろいろな方法を行ってみたけれど、
ウエストが減って我慢できないという人は、最終手段です。

実際に、何かくちに運んでもいいでしょう。
しかしカロリーを最小限に抑える努力をしましょう。

まずは、飲み物を飲んでみます。
このとき、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲むようにしましょう。

冷たい飲み物って、一気に飲み込んでしまいますね?
すると、ウエストを満足させることってなかなか難しくなります。

温かい飲み物の場合、一気飲みすることは不可能です。
ちびちびと少しずつしか飲むことはできません。
すると、意外と飲み物だけでもウエストは満足するものなんです。