<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。

スマートハウスの詳細
http://www.nichiei-group.co.jp/construction/



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2020年10月14日

国際結婚すると告げた私に
「聞きたくない…」と
お父さんは予想通りの反応をした。

私も反発して
別に祝って貰わなくて結構だと言い放った。

お父さんは野球が好きで地元の少年野球団の監督をしており、
自らも草野球チームのエース。

一方、私は大の体操嫌い、
お父さんの期待を踏みにじり、
買って貰ったグローブを、悪天候の中外に置き去りにした事もある。

私とは対象的に、おとうとはスポーツ少年に育った。
私はお父さんがおとうとばかり気にかけていると感じ、
大学で一人暮らしを始めるまで、お父さんの前で素直になれなかった。

大学時代、私は世界中を放浪して過ごした。
そんな私をずっと心配してくれたのは母だった。
お父さんには黙って旅に出ていたが、
母はお父さんに全て話していたらしい。

その後、私が商社に内定した時、
お父さんは私を行きつけの居酒屋に連れていった。

会話は少なかったが、
常連客から「男の子さんと飲めるなんて幸せだね」と囃されて
お父さんは嬉しそうにしていた。

徐々に解れた親子の糸は、
私が大学時代に出会ったタジキスタンの女性と
結婚すると決めたことで再び縺れてしまった。

母やおとうと、婚約者のためにも
お父さんとの関係を修復しなければならない。

おととい、私は実家に出向いて
お父さんをキャッチボールに誘った。

私の投げる球は
お父さんの所まで届くのに精一杯だったが、
お父さんの球は私の胸元まで真っ直ぐ飛んできて
その度に手のひらがビリビリと痺れた。

最初にクチを開いたのは父だった。
「お前のやりたいようにやれ。お前より年上の人間なんて先に死んじまうんだから、
周りの理解など求めんでいい」

私が返事をするより先におとうとが来て
「仲良しじゃん」と嬉しそうに言ってきた。

私はボールを投げ返しながら
「親子だからな」と言ってみた。