<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目

レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。

 

レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。
安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。



<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:2021年01月05日

シェイプアップ中は
タブーとされがちな間食ですが、
食べすぎなければ問題ないみたいですよ。

逆にご飯とご飯の間が長い場合、
間食して空腹を抑えておくことで、
食べすぎを予防できます。

我慢するより、
間食のとり方を工夫するべきなんですね。

まず、
間食は1日100Kcal以下を目標にしましょう。
最近はカロリー表示されているものが多いので必ずチェック。
それ以上食べてしまったときは、
夕方食の量で調整しましょう。

ケーキやチョコなどは脂肪分が多く、
カロリーが気になります。
食べたいときは量を少なめにして、
コーヒーやお茶とともにゆっくり味わいましょう。

ダラダラ食べ続けるのはやめて、
1日1回、13時食と夕方食の間に
「おやつの時間」を作りましょう。

また
寝る前に食べると体脂肪になりやすいので、
夕方食後の間食は控えめに!

シェイプアップ中はご飯量をセーブすることで、
ビタミン、ミネラル、食物繊維など、
ヤセ体質やキレイ肌を作る成分までもが不足しがちです。

なので、
フルーツ、ヨーグルト、さつま芋、かぼちゃ、ドライフルーツ、ゼリー
寒天、わらびもち、くずもち、雑穀入りクッキー、シリアル…などが、
シェイプアップ中の間食としてオススメです。

間食しても物足りない、
なんだか口寂しいというときは、
紅茶やウーロン茶、コーヒーなど
ノンカロリーの飲み物で落ち着かせましょう。

また食べたあとにすぐ歯を磨くと、
口の中がさっぱりして、間食を予防できますよ。

食べる量とタイミングに気をつけて、
シェイプアップ中でも甘いものを楽しんでくださいね。